SSLの上手な利用方法

SSLを上手く利用して個人情報を守りましょう。 - SSLの概要について

SSLの概要について

あなたはよくインターネット上でSSLという言葉を聞きませんか。
今回はそのSSLの基礎知識について紹介します。
そもそもこのSSLとはSecure Socket Layer の略で、データを暗号化してやり取りする手順の決まりのことです。
通常、ウェブサーバーとブラウザとの間には HTTPと言われる、HyperText Transfer Protocolという決まりのもとで通信が行われますが、HTTPにはメッセージを暗号化して盗聴を防いだり、ウェブサーバーを認証して成りすましを防止をしてくれるという機能がありません。

そこでインターネット上で安心して通信を行うための方法として、SSLサーバ証明書が開発されました。
ブラウザは通常のHTTPとSSLを利用したHTTPをURLに違いをつくり、見て一発で分かるように区別されています。
それがhttp://とhttps://によって判別されています。
URLをhttp://としている場合はSSL機能は利用せずに直接サーバと通信を行います。
それに対して、URLがhttps://とした場合、ウェブブラウザは、自身が備えているSSL機能を介してサーバと通信を開始する仕組みになっています。
当初の設定では、サーバ側がブラウザから受けたリクエストに対して、判別を行なっていましたが、今ではこのURLの違いによって判別できるようになりました。
あなたもこのよく聞くSSLの概要を少しでも理解しておけば、自分がSSLを利用する時には困らず対応できるかもしれませんね。
nhrts
あなたは実際にどのようにSSLが活用されているか知っていますか。
またどのようにして活用するべきか知っていますか。
近年、インターネットユーザーのセキュリティ意識の高まっている傾向にあり、ウェブサイトからの売上向上や問い合わせを増やすための施策など、Webマーケティング課題を、SSLのセキュリティ向上で解決できるケースが増えてきています。
今回は、ウェブサイトの様々な課題に対するSSLを活用する方法をご紹介します。
問い合わせを増やして新規開拓をしたい

今回は見込客情報保護のためフォームにSSLを提案する例で説明します。
最近では人脈による営業が主力の業種でも、新規開拓のためウェブサイトを活用する会社もとても増えてきました。
そこで個人情報の入力が必要なフォームを設置するときに重要なことは、入力項目の選別に加えて、入力された情報の保護です。
特に契約書など会社の機密性の高い文書を扱う場合には、サイト訪問者もそれ相応のセキュリティを期待するものだと思います。
そのため最初のステップとして、サイトから安心してお問い合わせいただけるようにするためにSSLによる暗号化をお勧めします。
そうすることでお客様が、「この会社はセキュリティにしっかりお金をかけているということは顧客を大切にする意思がある。このような大切な行程を外さない会社は、信頼できる」というように信頼度をアップでき、それが結果問い合わせに繋がり、成約という形に繋がっていきます。